働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 4840

シングルマザーの仕事選びのポイントは?向いている仕事となり方まで

シングルマザーにとって仕事選びは重要です。どういった部分を優先的に考えるかをしっかりと明確にしてから仕事選びをするのが成功の近道です。
具体的にどんなポイントがあるのか見ていきましょう。

シングルマザーが仕事を選ぶ際のポイント


①子供の預け先を明確にする

まず初めに、仕事中の子供の預け先を確保しなければいけません。
母子家庭であれば認可保育園に優先的に入所させてもらえる可能性が高いとも言われています。
就職活動中は何かと時間を取られるので、出来れば早い段階から窓口に相談をしておくとよいでしょう。

または、近所に頼れる親戚がいたり両親が住んでいたりするのであれば遠慮せずに協力を求めてみることをお勧めします。自分が側に居てあげられない間、子供がどれだけ安心できる環境で過ごせるかというのはとても重要な事ですよね。
その上で、安心して仕事選びを始めましょう。

②自分に必要な条件を明確にする

仕事探しをはじめるにあたり、必要な条件を明確にしておく事が重要です。

・お給料はいくら欲しいのか
・勤務時間は何時から何時までなら可能なのか
・休日の日数は?

など、理想と同時に『ここまでなら譲れる』という基準も設けておきましょう。この部分が曖昧だと会社との交渉の場で何も言えなくなってしまうので注意してください。

③シングルマザーを毛嫌いしない会社

「シングルマザーなんて…」という会社を選ぶと就職した後に苦労してしまうため、周りからの評判などを聞いて事前にリサーチしておきましょう。
シングルマザーを積極的に雇用する企業に助成金が支払われる制度『特定求職者雇用開発助成金』というものがあります。この制度を取り入れている企業は期待できそうですね。

④将来を見据えた仕事選び

さらに、長く続けられる仕事かどうかも考慮したいところです。
ひとりで家計を支える上で重要なのは、「安定した給料をきちんと支払ってくれる会社なのか」「やがては昇進や昇給の見込みがあるのか」ということ。
そして、お金が重要とはいえ「自分もそれなりにやりがいを持って続けられそうか」という視点も失くさずに選びましょう。

シングルマザーに向いている仕事一覧


それでは、シングルマザーに向いている仕事とはどんなものなのでしょうか?

■介護職

これからの将来、高齢化が予想され需要は増していくにも関わらず介護業界は人材不足にあるので、就職しやすい仕事と言えるでしょう。
介護福祉士は国家資格です。通学が必要な国家資格がほとんどの中、介護福祉士は仕事をしながら経験を積むと取得できます
取得後、5年間の経験を積むとワンランク上の「ケアマネージャー(都道府県の認定資格)」の受験資格を得られます。働きながら、キャリアアップ・収入アップしていける仕事です。

■歯科衛生士

歯科衛生士は、普通の病院でいうところの看護士さんのような役割です。
町医者で一番多いのは歯科医院といわれているようですが、一医院あたりの採用人数が少ないという点は気になります。
そして歯科衛生士も国家資格です。
受験資格に「文部科学省や厚生労働省が定める歯科衛生士養成機関で3年以上修業すること」という条件があるため、3年間学校に通わなければなりません。
母子家庭には2年間の給付金がありますが、残りの1年は受給できません。夜間の学校を探し、昼間仕事をしながら資格取得を目指すという方法もあるようです。
少しハードルが高いように見受けられますが、仕事内容の割には給料も良く、一度経験すると次を探すときにも有利で、なおかつ休みも安定していると言えるでしょう。

■医療事務

医療事務は、民間資格で比較的短期間でとりやすい資格です。
病院の顔となり、患者さんの受付業務やカルテの管理、診療報酬明細書などを作成します。クリニックか総合病院かによって仕事内容に幅があるようです。
座って行う仕事が多く、体力を必要としないので年齢に関わらず長く安定して働ける事務職です。働き方も、正社員・パート・アルバイトなど様々なのも魅力のひとつです。

■家事の代行

家事代行は、主婦としての経験を存分に活かせる仕事です。
この仕事の一番のメリットは、多くの場合働く日時を自分で設定できることです。ただ、時給はそれほど高くないようなので、副業として他の仕事と掛け持ちすると良いでしょう。

■時給が高い仕事

その他、正社員ではなくても時給の高い仕事であれば当然短時間で多くの収入を得ることができます。
例えば、コールセンターは派遣でも求人が多い仕事のひとつです。ユーザーからの問い合わせに電話で対応します。高時給な上に、残業がほとんどなく定時で帰宅できることが多いようです。

シングルマザーの面接のコツ


就職活動での面接、そして履歴書では自分をしっかりアピールしなければなりません。誇大表現をすると将来的に辛い思いをする可能性もあるのであくまで等身大の自分を見てもらいましょう
シングルマザーであることをあまりアピールしすぎないのもポイントです。
「生活の為に何でもやるのでとにかく採用してください」と伝えるよりも、「自分にはこんな能力や経験があり、この会社に貢献できるはずです」という思いを聞いてもらいましょう。

シングルマザーの仕事選びについてのまとめ


シングルマザーの仕事選びには、以下のポイントがありました。

①子供の預け先の確保
②条件の明確化
③理解のある会社選び
④将来を見据える

そして、それらのポイントを考慮した上で向いている仕事もいくつかご紹介してみました。とはいえ、シングルマザーとして働きやすい職場というのは職種で決まる訳ではありません。
人間関係も大きな要因のひとつです。特別であるという意識や引け目を持つことなく、ひとりの人間として堂々と生きていけたら良いですね。
労働時間や給与面はもちろん、出来る限り自分の興味も実現できることを願っています。

(文・亀山 美千代)

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事