働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1616

子供のお世話にも役立つ!チャイルドマインダーとしての働き方

チャイルドマインダーとは、少人数制の家庭的保育をする資格のこと。イギリス発祥で、保護者と近い立場で教育や健康管理をするのが特徴です。
保育園不足の今、待機児童解消に役立つ存在ではないでしょうか。ここではチャイルドマインダーとしての働き方をご紹介します。

保育園不足に役立つチャイルドマインダーに必要な資格とは

保育士は国家資格を持っていなければ働くことができませんが、チャイルドマインダーは民間資格なので、資格の種類を問わず働くことができます。
勉強するには専門の講座を受けることが一番の近道で、例えばチャイルドマインダー発祥の地であるイギリスで認定されている【NCMA,Japan(エヌシーエムエージャパン)】には、通学制と通信制の講座が用意されています。

開業サポートのある団体で、子供のお世話についての講義を受講する

既に何かしらの教室を開いている場合を除いて、開業するところから始めることになります。チャイルドマインダーの資格をとったことで子供のお世話に役立つ知識は深められたとしても、経営者としての準備はまだな方も多いと思います。

そこで、子供を預かる場所としてスタートするためのサポートがある団体のもとで講座を受講していると安心です。子供のお世話以外のことでのアドバイスも受けることができ、大変なスタートの時期を支えてくれる存在がいることは力強いですよ。

自宅でチャイルドマインダーとして働く

保育園へ行ったり他人のおうちへ行ったりせず、自宅で子供を預かり保育する働き方ができるチャイルドマインダー。地域によっては自治体へ事前に申請が必要な場合もあるので、資格発行団体としっかり連絡を取り合い問題なくスタートを切りましょう。

保育園は就学前までの子供だけを保育しますが、この資格では0歳から12歳の子供たちを継続して保育するので、続けて通う子供にとっては第二のおうちでもあるでしょう。

まとめ

自分の子供のお世話にも役立つ仕事、チャイルドマインダーの働き方をご紹介しました。保育園不足を救う存在として今後の活躍に期待が持てそうですね。

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事