働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 8800

ワーママが転職する際の失敗パターンと大変なこと

いざ仕事復帰してみると、思っていたよりも仕事が大変だったり、復帰先の会社が育児をしながら働くことへの理解が浅かったりと新たな視点に気づく場合があります。そんな時、転職を考えた時にすぐさま転職先が決まることは難しいもの。準備をするにあたってどんなことに注意すべきか、失敗しない転職の仕方をご紹介します。

ワーママが転職を失敗するパターンは?


ワーママにとって最重要条件は「子育てをしながら働きやすい職場」です。
ところが、その条件に絞って活動するとお給料が減ったり、やりたい職種でない可能性も出てきます。実際にキャリアを止めてまで働きやすさを重視して良いのでしょうか?
ここが転職失敗パターンでもあります。
目先の働きやすさだけで転職をしても実際は違った、ということにもなりかねません。子育てを優先するのも生涯わずかな年数です。
今の現状と将来の目標をもとに、優先事項と希望を検討してみましょう。子育てしやすい職場から、その後どんなキャリアを積んでいくのか。
この先子供が受験するたびにお金もかかるもの。教育費の工面も考慮して「働き方」を見直すチャンスでもあります。

ワーママの転職活動において大変なことは?


実際に転職活動を始めると、希望条件にヒットする企業が少ないという壁があるので、思い立ったら転職というのはまず難しいといっていいでしょう。
面接に行く場合も、有給を使っていかなくてはならないので何社も長いスパンで受けるのは辛いものです。面接では子供のこと、働ける条件、子供が発熱した場合の対応など、働くイメージを等身大で話す必要があります。
意欲があっても子供がいる以上、採用を目当てに無理な条件を受けることはできません。やる気とできることの不一致を受け止め、等身大で臨みましょう。

希望にあった条件が見つからない

やりたい仕事はフルタイム、残業が条件というのは良くあること。
そこで、時短勤務で働けるものを探すと、興味のない仕事であったり、パート扱いとなったり、思い描く条件に合わないことも覚悟しておきましょう。自分がどこを最優先条件にするのか、またその職場にワーママとしてのロールモデルがいるかも重要になります。
「これじゃなきゃダメ」というこだわりはさておき、人生のステップアップとして働きやすく、フルタイム勤務になった際もキャリアを積める条件を目指しましょう。あくまでも妥協の転職は長続きしません。

面接を受ける際に大変である

一般企業であれば、基本的に面接は平日になります。働きながらの転職は仕事を休まなくてはならないので、在籍している会社に不信感を与えないよう気を払いましょう。
面接では子供がいるという前提で行っても、子供の話しをすると顔が曇る面接官もいます。
本当はできるのに、今はできない…という自分自身のジレンマとも闘いになりますが、子供を理由に働けないという考えは捨てましょう。せっかく再出発をするのですから、自分にとって働きやすく、仕事がしやすい環境を選べるチャンスです。
子供がいてもできることを明確にし、子供を預けて働くスタンスを等身大で伝えましょう。

精神的にも大変

転職活動は決まるまでは精神的にも落ち着かないものです。面接での緊張もしかり、返事が来るまで不安なものです。
次の仕事場が一度の活動で決まればいいですが、何社も受けなくてはならなくなると長期戦で緊張と不安が続きます。
時に、もう受け入れてくれてくれるところはないかもしれないと、孤独すら感じることもあるでしょう。保育園へ入園していれば仕事場が決まらなければ辞めなくてはなりません。
転職先が決まらないと、自分の何がいけないのかと考えてしまいますが、足りないものを探すよりも再度自分に合った条件と受けている会社との不一致がないか見直してみましょう。
ワーママは譲れない条件がついています。採用側も慎重になるのは当然です。
無理をして転職をしても次の職場の方が辛いという場合もあります。

今よりも生活しやすくなる、自分にとって働きやすい職場が見つかることが一番です。

(文・森 初世)

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事