働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 6264

【保活体験談】ママフリーランスの保育園探し

おうち教室の先生や、手芸の販売などのプチ起業、クラウドソージングを利用しての在宅ワークなど、駆けだしフリーランスのママへ。主婦からフリーランスへと転身した私の保育園探しの保活体験談をご紹介します。

フリーランスの私だって、保育園を利用したい!

乳幼児を育児中のママの間でじわじわと広がりつつある、ママフリーランスという働き方。

YOGAやアイシングクッキー、ポーセラーツなどのお家教室の先生や【BASE(ベース)】や【minne(ミンネ)】などのアプリを利用したハンドメイド品の販売、【クラウドワークス】や【ランサーズ】などのクラウドソージングサイトを通じたwebライターやイラストレーターなどその職業は多岐にわたっています。

私もそんなママフリーランスの一人。保育園を利用せず、子供と一緒にベビーマッサージ講師やwebライター、モデルなどの仕事をしてきました。

ところが仕事が増えるほどに、また子供が成長するほどに「子供と一緒に働く」ということが難しくなってきたのです。

そこで、一念発起。0歳の息子を認可保育園に預けるために、保活を開始することを決意しました。

ママフリーランスの保活は不利って本当!?

待機児童問題が叫ばれて久しい現在、ママフリーランスが認可保育園を利用するのは非常に難しいと言われています。その理由は「利用基準表(利用基準調整表)※①」を見れば一目瞭然です。

ほぼ100%の自治体において、フリーランスは被雇用者よりも点数が低く設定されており、たとえば北海道札幌市では両者で20点もの差がついています。

またフリーランスの場合、月の可動日や労働時間を証明することが難しく産休・育休明けの加点がつかないなどのハンデも抱えています。

参考:H29 認可保育所等※利用調整基準表 – 札幌市

※①保育の必要性を点数化したもの。主に待機児童が多い都市部で、認可保育園の入所申し込みの書類に添付されることが多い。得点が高いほど、保育の必要性も高いと判断されます。

それだけに、ママフリーランスの保活では、“取れる点数は絶対に取りこぼさない”という強い気持ちが重要になります。

ここからは、私が実際に行った保活についてご紹介します。

ママフリーランスの保活① 開業届を提出

認可保育園への入所を申請する場合、保育の必要性を証明する書類を提出することが必要です。

この、保育の必要性を証明する書類。名刺や事業のチラシなどでもOK(自治体によります)なのですが、このような簡易的な書類では、保育の必要性が充分に伝わらない可能性があります

というのも、フリーランスは「自営業中心者」「自営業協力者」「内職」などに分類されており、「自営業中心者」と「内職」では利用基準表の点数に大きな差があるのです。

点数の高い「自営業中心者」として認定されるために、重要と言われている書類が「開業届」です。

「開業届」とは、正式名称を「個人事業の開業・廃業等届出書」と言います。職業や事業所の住所(ママフリーランスの場合、自宅住所でOK)などを記入し、納税地の税務署に提出するものです。

参考:個人事業の開業・廃業等届出書

この「開業届」のコピーを添付すると、「自営業中心者」として認定されやすくなります。認可保育園への入園を目指すママフリーランスの方は提出されることをおすすめします。
(税金の申告をせずサラリーマンの妻として扶養されている場合、税金の支払いや、社会保険・国民年金に個人で加入する必要が出てくるケースがあります)

初めての税務署は「怖いところなのかしら…?」とドキドキしていましたが、「開業届」の記入方法から丁寧に教えてくださり、ホッとしました。子連れでの訪問も可能です。

また、「開業届」を提出し、夫の扶養を外れることでどれだけ税金が変わるのか、社会保険や国民年金の加入はどうしたらいいのか、などの質問には、市役所(市民税課・保険医療課等)が丁寧に教えてくれました。

ママフリーランスの保活② 就労証明の記入

保育の必要性を証明する書類と同様に、非常に重要なのが「就労証明」です。(書式は自治体により異なります。入所関連書類に綴じ込まれていることが多いです)

一般的な会社員やパート・アルバイトの場合、雇用主が記入するのですが、フリーランスの場合には自分で記入する必要があります

この「就労証明」には、勤務内容や勤務時間を記入するのですが、勤務日数や勤務時間が多ければ多いほど、利用基準表の加点も高くなります。(虚偽申告が判明した場合、保育園の入園が取り消されることがあります)

「就労証明」に記入された勤務時間が正確かどうかを裏付ける資料も重要です。昨年の「源泉徴収票」や「確定申告の書類」、「チラシ」、「仕事の実績が証明できるもの」も添付できると、より確実と言われています。

私の場合、それまでは週30時間程度の仕事量でしたが、認可保育園への申請を見据えて、一気に仕事を受注しました。

結果、フルタイムに近い仕事量で申請ができたのですが、子供を見ながらフルタイム並みの仕事をこなすのは、正直ものすごく忙しかったです(笑)

ママフリーランスの保活体験談③ 認可外保育園・託児所を利用

利用基準表をさらに読みこんでいくと、多くの自治体で「すでに何らかの保育施設を利用している子供」に加点がつく傾向があることがわかります。

つまり、「認可保育園」へ申し込む前から、「認可外の保育施設」や「託児所」、「ベビーシッター」などを利用しているほうが優先順位が高いということです。
「認可外保育園」や「ベビーシッター」に預けるには費用もかさみますが、どうしても加点がほしいという方にはおすすめの方法です。

私の場合、もともと「一時保育」や「ファミリーサポート」の利用経験はあったのですが、申請の前に週2回の「認可外保育園」の利用を開始しました。(週2回程度の利用でも加点が付くかどうかは自治体の判断によります)

慣らし保育の練習にもなりましたし、子供同伴ではいけない打ち合わせや営業の仕事もできたので、利用して良かったです。

ママフリーランスの保活体験談④ 欠員の状況はこまめに問い合わせる

「認可保育園」の申請書類には、利用したい保育園を希望順に記載していきます。この希望順にどの保育園を記載するかも、重要なポイントのひとつです。欠員のない保育園でもタイミングによっては、

・在園児が転出した。(とくに春秋の転勤シーズン)
・保育士の採用が決まり、定員を増やせることになった。

などの理由で欠員が出るケースがあります。諦めずに何度も問い合せをすることをおすすめします。

私も保活を開始してから週に1度は市役所に直接出向いたり、電話をしたりして欠員状況を問い合わせていました。
すると、毎週1名程度ずつではありますが、市内のどこかの保育園で欠員が出ていたのです。

私の住まいは、首都圏ほどの保活激戦区ではなかったことが影響しているのかもしれませんが、「選択肢を絞らず、家から遠くても、職場と逆方向でも、市内全ての保育園を視野に入れる!」くらいの気持ちで探していけば、希望が見いだせるということが分かりました。

保育園の希望順が選考に影響するかどうかは自治体によって異なります。希望順までが選考に影響する自治体の場合には、特に欠員状況に注意して保活をすることをおすすめします。

例えば、下記のような場合。

Aさん(フルタイム被雇用者として共働き・育休復帰)は欠員がないのを承知の上で人気の保育園から順番に記入し、欠員のあるママプラ保育園を第10希望で書類を提出。

一方Bさんは(ママフリーランス)は欠員のない人気の保育園はすべて回避し、欠員のあるママプラ保育園を第1希望で提出。

利用基準表の優先順位ではAさんのほうが点数が高いため、希望順が選考に関係ない自治体ではAさんがママプラ保育園に入所できます。希望順が選考に関係する自治体ではBさんにもママプラ保育園に入所できる可能性があります。

最後に…

「子供と一緒に仕事がしたい」という理由で選んだフリーランスという働き方。自分のステップアップのために子供を預けるという罪悪感や寂しさに押しつぶされそうになることもありました。
保育園に預けると決めたのは、他ならぬ自分自身だというのに、本当におかしな話しですよね。

けれど、ひとりの時間をもらって、仕事に熱中すればするほど、その罪悪感や寂しさが消えていくのが分かりました。自分のやりたいことを実現するために、保育園の力を借りる。そんな気持ちに切り替えられてからは、保活も仕事も、前向きな気持ちで取り組めるようになりました。

子供たちにも「ごめんね」という言葉は絶対に言わないと心に決めて、「ママ、仕事をするのが楽しい!」「あなたも保育園を楽しもうね」という声かけをしてきました。

このことで、「仕事って楽しいんだ」「ママも仕事を持って楽しく働いていいんだ」というイメージをもって成長してくれたらいいな、と思っています。

まとめ

保育園の利用を検討されている、駆け出しママフリーランスのみなさまへ、少しでも参考になればという思いから、ママフリーランス保活体験談をご紹介しました。
子育ても仕事も、楽しんでいきましょう!

宮森 渚朝

ベビーマッサージ講師、webライター。高知県在住。3歳・0歳の男の子ママ。 育児がもっとhappyになるベビーマッサージ教室「ハッピーアイスクリーム」を主宰。読者モデルとして活動中。 息子との毎日や、読者モデルとしての経験、ベビーマッサージ講師の活動などから、ママに嬉しい情報を発信していきます。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事