働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 10944

妊娠中のお仕事。休みたいと感じたときなどに無理なくするためのコツ

つわりや腰痛など、妊婦さんは身体が辛いときって多いですよね。通勤をきつく感じたり、何となく気持ちが落ち込みやすくなったり。人によって変化はさまざまですが、仕事に行くのか休むのか、迷うときもあるのではないでしょうか。お腹の子どもと仕事、両方大切にするにはどうしたらよいのでしょう。休みたいときに休むには?妊婦経験のある先輩ママに話を聞きました。

仕事も大切だけれど

お腹の子どもと仕事どちらが大切かを聞かれたら、お腹の子どもが大切だとほとんどの人が答えるでしょう。それはわかっていても、仕事を優先してしまうことってありますよね。

産休前に仕事を頑張りたい、責任をもって仕事をするのは素晴らしいことだと思いますが、体調が悪いときも無理して仕事を続けていませんか?お腹の赤ちゃんはもちろん、自身のためにも妊娠中は身体を大切にする時期なので、仕事への姿勢にも十分に気を配る必要があると思います。

仕事を休みたいけど休めない

妊婦だからと言って、自由に休みがとれるわけではないですよね。先輩ママはどうだったのか実情を聞いてみました。

「座れない時間が続くと、お腹のハリが気になることがありましたが、休ませてもらうことはしなかったので、少し辛かったです」

「周りに妊娠経験者の社員が少なくて、繁忙期は我慢して仕事をしてました」

「1日に何度も腹痛がありましたが、一人で進めている案件があったので休まず仕事を続けました。帰宅し、横になっても痛みが治まらなかったので夜あわてて病院へ。即ドクターストップがかかりました。無事産まれてくれましたが、流産しそうになっていたので、子どもには申し訳ない気持ちでいっぱいでした」

妊婦が仕事を休みたいときどうする?

身体が辛くて休みたいとき、周りの妊婦の方はどのようにしているのでしょう?体験談を参考にまとめてみました。

周りの人に伝えて休む

「つわりがとにかくひどかったので、上司には妊娠初期から伝えていました。座っていても辛いときは応接室で寝かせてもらいました」

「リモートワークができる仕事だったので、自宅での作業をメインにしました。メールや電話でしばらく行けない旨を伝え、チャットなどで業務報告をしていました」

まずは周りの人に妊娠を報告、体調不良を伝えることが大切かと思います。妊娠報告のタイミングは人それぞれだとは思いますが、できるだけ妊娠初期に報告するのがよいでしょう。

安定期に入るまでは内緒にしたい、と考えている場合でも、身近な人には伝えておいたほうがよいかもしれません。周りの理解とサポートを得やすい状況を作ることも大切です。

医師から診断書を出してもらい休む

仕事を休みずらい、辛いのに出社するよう言われてしまう、そういう場合は医師から診断書を出してもらい、休息などが必要な旨をきちんと伝えましょう。厚生労働省では「母性健康管理指導事項連絡カード」の活用をすすめています。

担当医師が診断と指導内容をカードに書き、妊婦である社員が会社に提出。男女雇用均等法で、会社は担当医師の指導を守らなければならないと決められています。休暇扱いとなり給与は発生しませんが、妊婦に無理は禁物です。必要な際は活用してみてはいかがでしょうか。

厚生労働省:母性健康管理指導事項連絡カードの活用方法について

会社の制度を使って休む

すべての会社にあるわけではないのですが、妊婦の時期だけ使える休暇制度を取り入れている会社もあるようです。長期休みが必要になるときがあるかもしれませんので、妊娠がわかったら確認しておくとよいでしょう。

医師の診断書が必要かどうか、取得できる休暇日数に上限があるかなど、細かい部分を知っておくと休みたいときにすぐ対応できると思います。

妊婦が仕事を休めないときはどうする?

休みたいときは無理せず休むのが一番です。それでも、さまざまな理由で仕事を休めないときはありますよね。先輩ママはどうしたのでしょう?具体策を聞きました。

時間に余裕をもつ

「急いで歩くのを避けるため、時間に余裕をもって行動しました。お腹がはって、固いなと感じても、胎動は激しかったので、赤ちゃんは元気なんだなと思えるのが、妊婦期の活力だった気がします」

人込みを避ける

「他人の臭いに敏感になり、満員電車が辛かったです。通勤時間帯をいつもよりずらし、比較的空いてる時間に出勤するようにしました」

身体を動かさないよう心掛ける

「営業職でしたが、階段は上らずエスカレーターを使用したり、徒歩や電車で移動しないで、車で外周りに徹したりしていました」

家ではとにかく安静にした

「仕事で無理をした日は、家でずっと横になっていました。家事はすべて夫に任せて、夕飯のときだけ起き上がるような過ごし方をしてました」

負担を掛けないよう、自身を労わる努力をしたママは多いようです。

妊婦が仕事を休みやすくするために

妊娠中は、いつ・どんな体調不良がおこるかわかりません。臨月まで働こうと思っていても突然破水して出勤できなくなった!なんて可能性もあります。妊娠がわかった時点で、自分の仕事を引き継ぎしやすいよう備えておくとよいでしょう。

自分が抜けても差しさわりがないよう準備ができていれば、精神面でも安心して仕事ができるかもしれません。

妊娠中も無理なく仕事ができるように

妊婦さんは自分だけの身体ではありません。辛いときは遠慮せず、休みたいときにきちんと休むことをおすすめします。仕事ももちろん大切ですが、休める環境を作るのも同じように大切ではないかと思います。赤ちゃんとママ自身を労わることを忘れずに、妊娠中の生活を穏やかに過ごせるとよいですね。

※記事内で使用している参照している内容は、2017年9月1日時点で作成した記事になります。

提供元:KIDSNA[キズナ]

KIDSNA[キズナ]

KIDSNA(キズナ)は、子供とのおでかけ、教育、遊びなどの子育て情報を配信するお役立ち情報メディアです。人気作家による子育てエッセイ漫画や、有名人へのインタビューなどのオリジナル記事が満載!子育てをもっと楽しみたいママやパパを応援します。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事