働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 12224

専業主婦からワーママになる!パートや正社員などで働くメリットや1日の流れ

子どもが産まれて専業主婦になったけれど、子育ても少し落ち着き、そろそろ仕事を始めたいと考える方もいると思います。では、働き始めるとどのような1日の流れになるのでしょうか。
今回は、パートや他の働き方で働く主婦のメリットやデメリット、1日の流れや体験談をご紹介していきます。


パートの場合

メリット

専業主婦に比べて収入が増え、経済的な余裕ができるのが大きなメリット。自分や子どもにも自由に使えるお金が増えることで、楽しみや過ごし方の幅が広がるでしょう。
夫の扶養に入ったままで仕事をすることも可能で、自分に合った勤務時間やスタイルを選べるのも魅力です。

デメリット

時間が限られている分、正社員に比べて収入が少ないことと、必ずしも雇用が安定していないことが挙げられます。
またパートとはいえ、仕事をして給与を受け取る以上、仕事への責任があります。しかし、子どもの熱など仕方ない理由のときは、休まなければなりません。
そのためいっしょに働く人たちに迷惑をかけることで申し訳なく感じたり、それが精神的な負担になったりすることもあります、また、人間関係や仕事内容によってストレスを受けることもあるでしょう。


正社員の場合

メリット

大きなメリットとなるのが、安定した収入です。週5日フルタイムで働くことでパートと比較しても月収が多く、賞与が出る可能性もあります。
家計に大きな余裕が生まれて、しっかりと貯金ができるようになったり旅行や買い物を楽しめるようになったりと、自分も家族もできることが増えるでしょう。

デメリット

フルタイム勤務をしながらの家事と育児の両立は容易なことではありません。仕事が休みの週末も溜まった家事をしたり子どものお世話をしたりと、家庭内では休まず働くことになります。
自分の時間や睡眠時間が削られ、精神的にも体力的にも疲れを感じる人が多いでしょう。


在宅ワークの場合

メリット

自分の都合に合わせて仕事の予定や仕事量を決めることが可能。通勤時間もないので、隙間時間に家事をしたりと、時間を有効に使えるのが魅力です。
また、子どもが病気や熱を出したときも業務を休む必要がなく、看病をしながら合間に仕事を進めることもできます。

デメリット

個人事業主として働くケースが多く、会社の福利厚生や待遇はなく安定した収入を得るまでは時間がかかることがあります。家で仕事をすることで仕事と家庭のオンオフの切り替えが難しくなるかもしれません。
自分なりに時間やルールを決めて、しっかり切り替えをする必要があります。


【体験談】働く主婦の1日の流れ

パートの場合

パートで働く子持ち主婦の1日として、ある例を紹介します。

 ■5時:起床後、家族分の朝食の準備をしながら自分の出勤準備

 ■6時~7時:子どもを起こして朝食を出し、必要であれば食べさせる

 ■7時半~8時半:登園や通学の準備をして送迎または学校への見送り後、職場へ出勤

 ■9時~:会社にて仕事

 ■15時~16時:家事やお迎えなど

 ■17時~18時:夕飯準備をして家族で夕飯

 ■19時~20時:子どものお風呂や就寝支度などのお世話

 ■20時~21時:寝かしつけが終わったら家事または自由時間

 ■22時~23時:就寝

退社時間が早く子どものお迎えや帰宅までに時間がある場合は、その間に家事を済ませたり自分の時間にあてたりすることで、夜の時間を有効に使えるでしょう。

また、週2~4日のペースで働くことも可能なので、休日を利用して家事をいっぺんに済ませるやり方もあります。

正社員の場合

大きな流れはパート主婦の場合と変わりませんが、正社員の場合は平日にフリーな日がなく、退社は夕方5時以降が一般的。そのため、パートより夜の流れが後ろにずれて子どもや自分の就寝時間も遅くなるでしょう。

 ■5時:起床後、家族分の朝食の準備をしながら自分の出勤準備

 ■6時~7時:子どもを起こして朝食を出し、必要であれば食べさせる

 ■7時半~8時半:登園や通学の準備をして送迎または学校への見送り後、職場へ出勤

 ■9時~:会社にて仕事

 ■17時~18時:勤務終了後に園へのお迎えと食材の買い物。または買い物後帰宅して子どもの出迎え

 ■19時~20時:夕飯準備をして家族で夕飯

 ■20時~21時:子どものお風呂や就寝支度などのお世話

 ■21時~22時:寝かしつけが終わったら家事または自由時間

 ■23時~24時:就寝

睡眠時間を優先して自分の時間を削ったり、反対に自由な時間を確保するために就寝時間がずれたりするかもしれません。早寝早起きで朝に家事をするようになったことで、うまく回るようになったという人もいます。

在宅ワークの場合

 ■6時:起床後、家族分の朝食準備

 ■6時半~7時:子どもを起こして朝食を出し、必要であれば食べさせる

 ■7時半~8時半:登園や通学の準備をして送迎または学校への見送り

 ■9時~:自宅にて仕事

 ■15時:食材の買い物をして夕飯準備

 ■16時~17時:園へのお迎え、または子どもの出迎え

 ■18時:家族で夕飯

 ■19時~20時:子どものお風呂や就寝支度などのお世話

 ■20時~21時:寝かしつけが終わったら家事または自由時間

 ■22時~23時:就寝

在宅ワークは出勤準備や会社と自宅の移動がないため、その時間を家事や仕事にあてることができ、仕事の流れを見ながら合間に家事を進められることも。家庭を優先した働き方がしやすいと言えるでしょう。


働く主婦はどんなことに気をつけたらよいの?

家族へ向けて

働くことによって家事や育児にどんな影響があるのか、パートナーだけでなく子どもにも伝えてあげましょう。家族で共有することで自然と協力しようという雰囲気ができていきます。

職場へ向けて

子どもの事情で会社を休んだり、早退や遅刻をしたりする可能性があることを了承してもらったうえで、雇用契約を結びましょう。働き始めてからこんなはずじゃなかったのに、と揉めるようではお互いにとってマイナスです。

また、子ども都合でお休みをもらう、時短勤務をするという場合は、上司や同僚にできるだけ早く報告・相談をしながら、どう対処するべきか決めましょう。


しっかり考えたうえで決めよう

専業主婦からワーママになるには、家族の理解が必須です。働きたいという気持ちが芽生えたら、具体的にどんな生活になるのかをイメージしたうえで家族に相談するとよいかもしれません。

パートや在宅ワークなど、それぞれの家庭状況に合った働き方ができたらよいですね。メリットもありますがデメリットも同じようにあるので、本当に働くべきか、どのような働き方がよいかしっかり考えて家族の理解を得られるうえで、決めるようにしましょう。

提供元:KIDSNA[キズナ]

KIDSNA[キズナ]

KIDSNA(キズナ)は、子供とのおでかけ、教育、遊びなどの子育て情報を配信するお役立ち情報メディアです。人気作家による子育てエッセイ漫画や、有名人へのインタビューなどのオリジナル記事が満載!子育てをもっと楽しみたいママやパパを応援します。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事