働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 600

志望動機やスーツ着用など、主婦の就職活動で確率をあげるポイントは

出産を機に子育てに専念してきた人のなかには、子どもに手がかからなくなったら働きたいと考える人も多いようです。就職活動をする場合の志望動機、履歴書、有利な資格や、面接にの服装はスーツなのかなど、気になることはいろいろありますよね。今回は、主婦の就職活動におけるポイントについてご紹介します。

主婦の就職活動を成功に導くポイント

主婦の期間が長いと久しぶりの就職活動で不安になることもあるのではないでしょうか。就職活動を成功に導くためのポイントをまとめてみました。

面接時の服装の注意点

パートや派遣、正社員など雇用形態により、面接のときの服装について悩む主婦の方も多いかもしれません。基本的にはスーツで行くのがよいとされます。ただし、パートやアルバイトの面接の場合、業種によってはオフィスカジュアルのようなきれいめな服装でも問題ない場合もあります。

kenstockphoto/Shutterstock.com

服装は、面接での第一印象を左右する大切な要素であるため、きちんとした服装で臨むのが好ましいでしょう。色は、職種によっても異なりますが、紺やグレー、ベージュなどが無難かもしれません。

上下の色が揃ったものは、よりきちんとした印象を与えますが、違う色のものでもかまいません。下に合わせるものがスカートの場合には、丈に注意をして、膝の中心が隠れるくらいの長さのものを選ぶのがよいでしょう。

パンツスーツの場合はシルエットや着こなし方を意識すると、さわやかな印象を与えることができそうです。

面接で志望動機を聞かれたら

志望動機は会社を受けるときに、聞かれる項目のひとつです。

「自宅から近いから」「子育てがひと段落したから」などは、志望動機のひとつであっても、ストレートに伝えると誤解を招く恐れがあるかもしれません。

志望動機は、自身がどのような経験をして仕事選びしたのかなど、自身の現状だけでなく過去の経験などを盛り込むと、説得力も増すでしょう。

履歴書の書き方

paulaphoto/Shutterstock.com

最近は、履歴書の書き方マニュアルの本やサイトなど多数あります。

しかしありきたりの内容が書かれたものでは、面接官の目にとまることはありません。自分の言葉で思いが表現されているものにこそ、思いが伝わりやすくなるのではないでしょうか。

マニュアル通りの例文はあくまでも参考にとどめておき、自分で考えて、自分の言葉で書いたほうが、印象に残るようです。

面接でしっかりと伝えておくとよいポイント

実務経験

実務経験があるということは、即戦力として会社に貢献できる人材だと感じてもらうことにつながります。

そのため、これまでに携わった仕事はどのようなものなのか、どのような気持ちで取り組んだのか、どう工夫したのか、その結果どんな変化がもたらされたのかといった、具体的な内容にまで踏み込んで説明してみるとよいかもしれません。

即戦力になる資格

資格はさまざまなものがあり、医師や看護師など取得していないとなれない職種のものや、自動車運転免許など必要な資格として記入されているものもあります。

職種として必要な資格の場合には、実務経験を積むことが必要なため即戦力となる資格にはなりません。自動車運転免許のような技術系の資格であれば、すぐに活かすことができるでしょう。

子持ちの場合は周りのサポート体制も大切

子どもを持つ人を雇う場合に、会社側が知りたいポイントは子どもの急病の際、周りのサポートが得られる状況かどうかということでしょう。

近くに身内がいるという場合には、子どもが万が一の場合にも、預け先があるということを伝えておくとよいかもしれませんね。

主婦の就職に役立ちそうな資格

福祉系の資格

高齢化が進み、介護施設の数やサービスの種類も年々増加し、介護を受けたくても受けられない人もいると言われています。

そのため、福祉系の仕事は、有利な資格を活かした就職先が見つかりやすい可能性があるのかもしれません。

介護の基本的な知識を学ぶ介護職員初任者研修、介護を必要とする人の身体介護や生活援助を行う介護福祉士などが、実務経験がない主婦の方でも取得することが可能な資格です。

趣味を仕事に直結できる資格

お花が大好きで、フラワーアレンジメントを趣味としている主婦が、お花に携わる仕事に就きたいという場合、資格を取得しておくことで履歴書に記入したときに、フラワーアレンジメントの技術力を印象づけることができるのではないでしょうか。また、仕事としても即戦力として、アレンジを任すことができるなど、仕事に有利かもしれません。

フラワー装飾技能検定、フラワーデザイナー資格検定試験、フラワーデコレーターなど、厚生労働省認可の国家資格から、法人資格や協会が認定している資格までいくつか種類があります。資格を持つことで、個人で教室を開くときにも、技術を証明するのに役立ちます。

主婦も希望の職場に就職しよう

leungchopan/Shutterstock.com

久しぶりの就職活動での面接でどのようなことを話したらよいのか悩み、マニュアルを参考にしたこともあるのかもしれません。

主婦生活やそれ以前の経験を会社にどう貢献することができるかを伝えることで、それが有利に働き面接官の目にとまる内容となるでしょう。第一印象を決める服装をばちっとスーツで着こなし、志望動機や資格をしっかり埋めた履歴書で面接に臨んでみてはいかがでしょうか。

提供元:KIDSNA[キズナ]

KIDSNA[キズナ]

KIDSNA(キズナ)は、子供とのおでかけ、教育、遊びなどの子育て情報を配信するお役立ち情報メディアです。人気作家による子育てエッセイ漫画や、有名人へのインタビューなどのオリジナル記事が満載!子育てをもっと楽しみたいママやパパを応援します。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事