働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1520

仕事のモチベーションが落ちているときに考えて欲しい5つのこと

仕事の経験が長くなると、なんでも要領よくできるようになったり、ルーチンワークでこなせるようになってくると思います。仕事を理解し、スムーズにこなせるようになるのは素晴らしいことですが、そうなってくると次第にやりがいが見出せなることやモチベーションが落ちてしまうことがあります。
そんなときにぜひ考えてほしい5つのことをご紹介します。

仕事のモチベーションが落ちているときに考えて欲しい5つのこと

①仕事でやりがいを感じるポイント

仕事で、達成感ややりがいを感じるのはどんなときですか?この仕事をやっていてよかった!と思うのはどんなときでしょう?
やりがいを毎日感じられる人は少ないかもしれませんが、仕事をしてきてよかったと思うこと思い出してみてください。

②仕事の面白みは何か?

仕事を面白いと感じるのはどんなときでしょうか?プレゼンがうまく行ったとき?納得できる資料を作れたとき?どんな小さなことでもいいので、面白いと感じたことを紙に書いてみてください。そして面白いと思ったポイントがわかったら、日々の業務をどう善すれば仕事が面白くなるのかを考えてみましょう。

③初心を思い出す

入社初日、「よし!この会社で頑張ろう!」と希望に満ち溢れていませんでしたか?
しかし、そうした気持ちは、日が経つにつれ、日々の業務に追われ思い出すことさえなくなってしまうものです。
一度立ち止まって、入社した頃の気持ちを思い出してください。面接のときどんな思いで受けていたのかや、採用の通知がきてとても嬉しくなったこと。ここで働くんだとワクワクしたときのことをを思い出すと、新鮮な気持ちで会社を見ることができると思います。

④人との出会いに感謝する

分からないことを教えてくれる上司がいる。困ったときに頼りになる部下がいる。社長の人柄に魅力を感じて仕事している。会社に入ったからこそ出会えた、素敵な人がいると思います。
人との出会いは一期一会です。ちょっとタイミングが違っていたら、その人に出会えなかったかもしれない。そう思うと、その人のためにも頑張ろう、期待に答えようという気持ちになりませんか?人のために頑張れるって、とても素敵なことです。

⑤お給料をいただいていることに感謝する

普段おいしいご飯が食べられて、家に住めるのも、お給料があってのこと。消して当たり前ではないんですよね。
私が新卒で入社した際に、「お給料は嫌なことやストレス代も含まれてお給料なんだよ」と、上司に言われたことがありました。仕事で嫌なことがあっても、「こういった嫌なことを含めてお給料を頂いているんだな」と考えると、仕事に打ち込めたものです。やりがいが見出せないときは、もらっている対価の有り難さをぜひ一度考えてみてください。

まとめ

仕事に慣れると、なかなか仕事をする意味や価値は見出しにくくなってしまうもの。そういうときはどうしてもやる気が出なかったり、転職を考えることもあるかもしれません。
せっかく縁があって仕事をしているのですから、そんなときにはぜひ一度上記の5つのことを考えてみてください。きっとたくさんの気づきがあり、新たな気持ちで仕事に取りかかれると思います。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog